埼玉東萌短期大学 埼玉東萌短期大学

公開講座

2019年度公開講座

埼玉東萌短期大学では、教育内容や研究成果を一般の方々へ広く開放するため、下記日程で公開講座を実施する予定です。現在受付中の講座の参加方法については、下記の公開講座詳細をご確認のうえお申込みください。

日程 講座テーマ 講師
2019年5月18日(土)
13:30~15:00
定員30名

第1回

紙芝居① 『紙芝居 基本の「き」』

『演じてこその紙芝居』という言葉があります。同じ作品でも演じ手が変わると、作品内容もちがったかたちで観客に伝わるのはなぜでしょう。紙芝居は絵本とちがってなぜ舞台を使用して演じるのでしょう。そんな素朴な疑問について、参加の皆様と一緒に考えていきましょう。

チラシはこちらから
幼児保育学科
学科長・教授 正司顯好
教授 前徳明子
准教授 渡邉裕
2019年6月1日(土)
10:30~12:00
定員40名

第2回

童謡・唱歌① 『発声の第一歩』

近年「音楽療法」という言葉が多く聞かれるようになっています。音楽は、人の心や身体を元気にするということがわかってきたのです。本講座では、昔懐かしい歌から現在歌われている童謡などを紹介し、みなさんと楽しく歌を歌いたいと思います。そのために先ずは、"発声"の第一歩を勉強したいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。

チラシはこちらから
幼児保育学科
教授 落合知美
2019年6月8日(土)
13:30~15:00
定員30名

第3回

紙芝居② 『紙芝居の実演で舞台が果たす役割について』

同じ紙芝居作品であっても、舞台を使って演じた場合と舞台を使わないで手持ちで演じた場合では、観客への伝わり方に違いが出るのは何故かについて、参加の皆様と一緒に考えていきましょう。

チラシはこちらから
幼児保育学科
教授 前徳明子
准教授 渡邉裕
2019年7月13日(土)
10:30~12:00
定員40名

第4回

童謡・唱歌② 『体をほぐし、元気に歌おう』

元気になれる唱歌・童謡の会、第2回目です。前回に引き続き、体をほぐしながら身体の機能を高め、声を出しやすくした後、唱歌・童謡を歌いたいと思います。今回は、前回の方々のリクエスト曲にもお答えできるかと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

チラシはこちらから
幼児保育学科
教授 落合知美
2019年7月27日(土)
13:30~15:00
定員30名

第5回

紙芝居③ 『手作り紙芝居について』

紙芝居を創作する場合、脚本、絵、構成について、どのように考えまとめていけばよいのか、参加の皆様と一緒に考えていきましょう。

チラシはこちらから
幼児保育学科
学科長・教授 正司顯好
教授 前德明子
准教授 渡邉裕
2019年12月7日(土)
10:00~11:30
定員40名

第6回

『臨床コミュニティ心理学の子育て支援への応用』

保育士、幼稚園教諭、保育教諭が子育て支援において求められる役割が大きくなってきています。園の保護者に対する子育て支援、地域の保護者等に対する子育て支援に役立つ臨床コミュニティ心理学の考え方を紹介します。いくつかの具体的な場面を例に、どのように応用していけばよいのかを考えます。

埼玉東萌短期大学
学長・教授 髙橋美枝(公認心理師、臨床心理士)

公開講座お問合せ・お申込み

埼玉東萌短期大学 公開講座 係

  • 〒343-0857 埼玉県越谷市新越谷2-21-1
  • TEl:048-987-2345
  • FAX:048-989-4550
  • Eメール:koukaikouza@saitamatoho.jp

受付時間月~金午前9時~午後5時

その他

講座受講中、2歳から就学前までのお子様は、保育士資格者監督のもと別室にてお預かりいたします。
各講座参加料はすべて無料です。