埼玉東萌短期大学 埼玉東萌短期大学

建学の精神・
学校訓・沿革

建学の精神

建学の精神

以愛為人~いあいいじん~
(愛を以て人と為す)

 建学の精神「以愛為人」(愛を以て人と為す)は、人間が全ての人々、全ての生命あるもの、自然や宇宙、さらには形而上的なものとの関係を取り結ぶときの根源的な光源であるべきものである。人々がこの根源的な光源を忘失し棄却するとき、世界は破壊という高い代償を支払わざるえなくなる。従って、建学の精神「以愛為人」は、人間の生を司るべき第一原理というべきものを、本学の立場で定式化したものということができる。
この建学の精神は、全ての授業科目の学習内容に通底するものである。知識や技能を学ぶということは、何よりも人間的な価値へのさらな登攀を企図することである。学習の根底には「人間はなぜ学ぶのか」、「学問はなぜ必要なのか」という根源的な問いが常に横たわっており、その問いは人間の尊厳性を究めていくことに通じている。

授業科目の学習は、人間の尊厳性を支え、発展させるものとしての価値ある文化の探索であり、その受容であり、学習者本人の内面における新たなる再創造である。また、学問を学ぶことは、排他的排外的競争原理に立脚するのではなく、多様な存在と価値観を受け入れ共存と共生の精神を発展させていくことに寄与するものである、とするのが本学の立場である。「自尊」「創造」「共生」の学園訓は、建学の精神の中核的な価値として、建学の精神を形成し深め広げ高めることに寄与する。本学の学問を通しての人間性形成教育の根本にあるのは、常に人間の心を耕すことを魂に刻んで学習する態度を身につけた人間を育てることである。本学のすべての授業科目の学習の根底には、この建学の精神が横たわっている。従って、建学の精神は、教育課程の全ての局面に豊かに流れ響き亘持続低音の如く貫かれているということができる。

学校訓

埼玉東萌短期大学は、建学の精神「以愛為人」(愛を以て人と為す)に基づき、「自尊・創造・共生」の中核的な価値が相互に補完・連動しながら「東から萌えあがる」芽ぶきの若い力を見守り、未来に向けて大きく飛躍できるような人材の育成を目的としている。それは、以下の3つの人間的価値を根幹とする教育である。

学校訓
1「自尊」の教育
自らの生命をみつめ尊重し、自らがこの世に存在することに深く感謝できる自尊の念を育み、自ら考え、判断し、実行し、その結果についても責任を負うことのできる強固な精神を基盤とし、社会生活においても勤労意欲に溢れた人間性を育成する。
2「創造」の教育
深く知識を学び、広い視野と洞察力を身につけるために常に努力を惜しまず、それを基礎に柔軟な思考力・明晰な分析力・的確な判断力によって諸問題の解決にあたれる独創性豊かな創造者となるための人間性を育成する。
3「共生」の教育
地球と人類の未来に想いを馳せ、人類全体の幸福と福祉のために心を砕き、思いやりの心を持って隣人に接し、複雑で、多様な時代にあっても隣人との秩序・協調を重んじ、世代・人類を超えて共生できる人間性を育成する。以上3つの価値は、核である建学の精神を3方向から支えて成り立つ関係にある。

沿革

昭和47年12月
埼玉県越谷市南越谷三丁目11-18に校舎落成、埼玉県知事から各種学校の認可を受ける
昭和48年4月
埼玉県越谷市南越谷において、越谷高等家政学院を開校する
昭和51年3月
学校教育法第82条の2による専修学校に認定される校名を越谷家政専門学校に変更する
昭和55年4月
埼玉県立浦和通信高等学校との併修コースを設ける
昭和56年8月
埼玉県越谷市七左町三丁目89-2に新校舎落成、旧校舎より移転する
昭和56年10月
埼玉県知事から学校法人小池学園の認可を受ける
昭和60年3月
文部大臣から技能教育施設の指定を受け、科学技術学園高等学校との技能連携を開始する
昭和61年3月
文部大臣から大学入学資格付与校に指定される
昭和62年3月
文部大臣から技能教育施設の指定を受け、埼玉県立大宮中央高等学校と技能連携を開始する
昭和62年5月
ハワイ州立JBキャッスル高等学校と姉妹校連携する
昭和63年4月
専門課程に秘書科を置き、産能短期大学との併修制を取入れる
平成4年2月
カナダ、ブリティッシュコロンビア州立ノースアイランド大学と姉妹校提携する
平成5年4月
校名を小池学園東萌専門学校に変更する
平成6年7月
オーストラリア、ロレインマーティンカレッジと姉妹校提携する
平成10年3月
埼玉県知事から専門学校東萌ビューティーカレッジが専修学校の認可を受ける
平成10年4月
・厚生大臣から専門学校東萌ビューティーカレッジが美容師養成施設の指定を受ける
・専門学校東萌ビューティーカレッジを開校する
平成14年3月
・私立学校法第64条第6項の規定により、学校法人小池学園の組織変更が認可される(準学校法人から学校法人に組織変更)
・埼玉県知事から武蔵野星城高等学校が学校教育法に基づく単位制による通信制(広域)課程の高等学校として認可される。
平成14年4月
武蔵野星城高等学校を開校する
平成16年3月
・埼玉県知事から小池学園東萌専門学校高等課程の廃止が認可される
・埼玉県知事から小池学園東萌専門学校保育科設置認可を受ける
・厚生労働大臣から小池学園東萌専門学校保育科が指定保育士養成施設の指定を受ける
・小池学園東萌専門学校高等課程を廃止する
平成17年3月
小池学園東萌専門学校専門課程を廃止する
平成17年4月
校名を東萌保育専門学校に変更する
平成22年10月
文部科学大臣から埼玉東萌短期大学設置認可を受ける
平成23年1月
文部科学大臣から埼玉東萌短期大学幼児保育学科が幼稚園教諭二種免許状の所要資格を取得させるための課程として認定される
平成23年3月
厚生労働大臣から埼玉東萌短期大学幼児保育学科が指定保育士養成施設の指定を受ける
平成23年4月
埼玉東萌短期大学を開学する
平成28年3月
(一財)短期大学基準協会第三者評価の適格認定を受ける